岡山市北区本町の歯科医院  森田歯科 【一般歯科・インプラント・歯周病治療・審美歯科・歯列矯正他】

歯周治療

歯周疾患には、日本の成人約8割が罹患しているとされており、もはや国民病と呼べるでしょう。
しかし疼痛が少なく自覚症状がないため気付いた時には壊滅的な状態となる事もあります。
必要な治療と定期的なメインテナンスを受けましょう。

歯周基本治療の流れ

応急処置



検査(歯と歯肉の溝の検査、レントゲン検査、かみ合わせ診察)



ブラシング指導、歯石除去



再評価(歯と歯肉の溝の検査を再度行います)



検査結果の不良箇所への再度の歯石除去



かみ合わせの調整


多くの場合この後管理(メインテナンス;PMTC)をお勧めするのみになります。
しかし病状が深刻な方や、虫歯の合併症がある方の場合は歯茎の手術、被せの処置等が必要になります。現在のご自身の状況はお尋ねください。

Q: 歯周病は放置したらいけないんですか?

近年の研究により歯周疾患と全身疾患の関わりが明らかにされてきており、以下の疾患の増悪因子として知られています。

心内膜炎
動脈硬化
狭心症、心筋梗塞
糖尿病
早産
その他消化器系の癌

日本人の死因の多くに歯周疾患は関与しています。健康長寿を目指す政府の方針にとっても歯周疾患は喫緊の課題と認識されています。

歯周組織再生療法(エムドゲイン)

かつては溶けてしまった歯を支える骨を甦らせることは不可能とされていました。
しかし近年では歯牙の萌出課程の研究より生み出された薬剤で、歯の周囲の骨を再生させる事が可能となってきました。

全てのケースで骨の再生が可能な訳ではありません。ご相談ください。
※歯周組織再生療法は健康保険の適用外の治療です。

症例

術前 矢印の位置の骨が溶けています。


エムドゲイン術後 骨が再生しています。



PMTC(Professional mechanical tooth cleaning)

治療が終了したら、治療結果の維持のため予防的口腔清掃(PMTC)を定期的に行いましょう。

歯周治療が守りの治療とすれば、PMTCは予防の意義が強いことから「攻めの治療」と言って良いでしょう。
 歯科先進国のドイツではPMTCに定期的受診をしない患者の窓口負担金を引き上げる措置が取られています。このことから同国では定期的PMTCの重要性は国民に周知され、浸透しているそうです。
当院でも上記の歯周治療とPMTCは自転車の両輪のようにどちらも欠くことの出来ない処置と位置づけ取り入れております。

森田歯科
〒700-0901 岡山県岡山市北区本町10-22-3F
086-231-3508

Copyright (c) Morita Dental Office All Rights Reserved.